本当に大切なのは何だろう

本当に大切なのは何なのか。ここに書いた事が絶対に正しいとは思わないけど、世界を旅して世界を見て思った事を自分の観点で書いています。そして多くの人で意見する事で何か新しいものが見えてくる気がする。

カレンダー

< 2017年06月 >
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

たびかめ関連リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BACK TO TOP |

踏み出す勇気

今自分に必要なもの。

踏み出す事の大切さ。

何かをやろう。
何かをやってみたい。

夢や目標に向かって何かをやろうとしているのに何もやらずに終わる。

それではもったいない。

今の自分がそうだ。

やろうとしている事はある。
それが大した事でなくともやりたい事をやればいい。
でも時間がない。

それは言い訳だ。

時間はあるがほかごとをやってしまって無駄にしている。

それを分かっていてなかなかそこから抜け出せていない。

まずは時間の有効活用をさらに向上させるのが肝心だが、そしてもう一つ。

踏み出す勇気

やってみないと始まらないのにやれていない。

何かをやるのにい何かを言い訳にしてやらないのでは意味がない。

失敗してもいいからまずはやる。

それが今の自分に足りないもの。

テーマ:夢に向かって生きる - ジャンル:ライフ

| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

目標を持つ事

生きる上での目標を持つ事。

なぁ~んてかたい事は書く気はありません。もっとゆるゆる?な気持ちで読んだ方が実行できるんじゃないのか?というような事を書いてみます(笑)

会社の上司が仕事つまらんな~。と言っておりました。たぶん多くの人が仕事つまらないと思っているのではなかろうか?つまらなくなくとも、毎日仕事をしていて楽しいのですか?

仕事の中で会社を良くしていこうとか、次の目標などを持って普段から仕事をしている人ももちろんいると思いますが、生活するために仕事をしないといけないとか、これが普通だからと思いながら生きている人。

楽しいか?

世界一周に出る前に普通に仕事していた時に思ったのは、年に数回社内教育なるものがあり、つまらない講義やセミナーを受けないといけない。会社で仕事をするうえでの目標作りとか、○ヶ年計画を立てるなど。。
別に仕事に興味を持ってなく仕事をしている自分にとってはそのセミナーをどういう風に乗り切るかというのが問題だった(苦笑)

だって、会社を良くするために会社に入った人はどれだけいる?

それで士気を高めるためにそんなセミナー受けてもね~。受けたい人が受ければよい。そんな事を言い出すとだれも受けなくなるという問題もあるのでしょうが。。

そんなことをつらつらと書いていても仕方がないので。。

そこで考え方を変える。

世界一周から帰ってきてひとまず仕事を始めました。SEの仕事は別に嫌じゃないけど、仕事する事を目標にはしていません。今の目標は。。

世界一周に撮った写真で個展をすること。

なので個展の費用をためるための一つのステップ。ゲームに例えると一つのステージなわけです。個展をやるためにはやらないといけない事なのです。たとえSE出なかったとしても費用や生活費を稼がないとできないわけですから。

そんな感じに、趣味がある人は趣味につぎ込むお金を決めて、それを達成するために仕事すればいいわけです。別に会社に貢献する必要はありません。会社の未来を考える必要もない。ただし、お金をもらうからには責任を持って仕事をすること。そうすれば会社に迷惑がかかる事もないし、気づかぬうちに業績も上がっていくのではないか?

別に趣味じゃなくても家族で旅行へ行くお金をためるとか、子供の約束守るために仕事をさっさと終わらせるとか。仕事を仕事と思うのではなく、目標のためにやらなければいけないひとつとすると仕事への考え方が変わってくるのではないでしょうか?

現に自分は最近仕事をするのが楽しいです。

早起きするのがつらいから通勤電車の中で寝るとか、昼休憩中も寝るとか。そういうものがなくなりました。移動中とか休憩中は別に自分の好きな事を妄想していればいいだけですから。よっぽど暇なら暇つぶしに仕事していたりします。目標のためにさっさと終わらせて早く帰るためにね。休憩時間外に勝手にやっているだけだからサービス残業かもしれないけど(笑)

もちろん業務時間外に作業した時は目ざとく残業をつけます。だって個展の費用は少しでも多く貯めたいですから(笑)


何かしら目標を作って、普段やっている事を目標達成のための通り道と置き換えてみてはいかがですか?

テーマ:モノの見方、考え方。 - ジャンル:心と身体

| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

仕事のありがたさ

気づけば前回の記事より時間が経っていた。。そんなわけで久々に書きます。もう少しペースを早くしないといけないのですがね(苦笑)

今回はちょっと番外編的な内容なのか?

仕事について。

自分は大学卒業後に普通に入社。そこで3年間働いて、仕事を辞めて世界一周へ行ったわけですが。帰国後。旅で資金もかなり使っているので後はお金がどんどんなくなってゆくのみ。。

お金がないと生活していけないこの世界は何なんだ!!

という突っ込みは今回なしにしまして(笑)

仕事をする事の大切さと、ありがたさに気付かせられた3年間だったかもしれない。

就職難だからひとまずどこでも良いから就職しよう。が、いざ就職したらやっぱり自分には合わないから辞めよう。ほんとはあの仕事がやりたかったんだ!!

というように退職してしまう人。

そんな感じの人が増えているような気がしなくもないが、それは逃げているだけではないか?自分の能力が活かせるジャンルとは正反対の仕事にひとまず就いちゃったという人でもなければ。いや、たぶん例えそうだったとしても、最近辛いから辞めようというようにやめるだけではたぶん会社変えても一緒だと思うんです。

この考えは前々からではあったものの、仕事をしない期間が長くなってきてお金もなくなってゆくと今度は仕事があるという事のありがたみを無性に感じるようになったわけです。

だから、もし仕事を辞めたいと思うのであれば、その後どうするか考えてからの方が良いとアドバイスでもしておきます。自分の場合はそれが世界一周をするということだったので、帰国するまではそんなにどうしようとは思わなかったけど。ただ嫌だからとか、職安へ行けばいいやという気持ちではやめない方が良いと思う。

いくらお金があってどのくらいなら収入がなくても暮らせるかとか。その辺の計画を立てるまでは仕事を辞めるのを我慢しておいた方が全然よいと思うわけですよ。

だた辞めたいから辞めてしまうと。

たぶんだけど。

お金が底を尽きた頃にやっぱり辞めるんじゃなかったと思ってしまうんじゃないだろか?

離職率が高くなっているのには会社側の問題もあるとは思うけど、働く側も問題がある。ただ嫌だからとか、やっぱりあの業界のが良いというような希望で仕事を辞める場合。

それはただの言い訳に過ぎない。

そう思うわけです。

そんなわけで明日から半年くらい働いてきます。明日契約書にハンコを押すまではドタキャンがないか心配しまくりですが、、

テーマ:働くということ - ジャンル:就職・お仕事

| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

約束というきっかけ

約束を守ることは大切だ!!

とか書こうと思ったんですが、すべてを守るかというとそうでもない。お互いわかりきったような友達とのなんちゃって約束とかもあるわけだし。。

そんなわけでなんで約束というものをするのか。約束を少しうまく利用するとこうなるという事を書くことにしてみました。

これは自分の海外へ行くという理由にもなっていたりするんですが。

大学の頃は友達と何気に話して○○へ行こうと言ったような、なんちゃって約束を元に実際にその友達とそこへ行ってみたりしていました(笑)
相手も行きたくなくて行ったわけではないだろうけど。

他にも今回の世界一周の行った先でいくつか約束をした。相手は覚えているかは分かりませんが。。

現地の人にまた来るかい?と言われ、『もちろん!』とか返事をするようなことは良くあると思います。いわば社交辞令的な。

しか~し!

自分はあまりそういう約束はしません。口だけというのは相手も分かっているかもしれないけど、なんだかね。。なので来るかわからないところは考えとくよみたいな答え方をしています。

逆に。

また来たいと思った場所では、『また来る!』と答えています。さすがにいつ来るかはかなり幅を持たせていますが。

それで今回いけなかったのはガラパゴス諸島。大学最後に行ったときにお世話になったクルーズ船の船長とかわした約束。世界一周でも行けるだろうと思っていたら、、

時間と予算的に難しくなってしまった。。

そして今回した約束。

ネパールで仲良くなった家の人の子供が2、3歳くらいになったらまた来るよとか。
いつも行くカンボジアにある宿の人にもまた来ると言った。

これらを果たすためにお金貯めないとね。

そこで。だから約束って何?と思うかもしれないですが、叶える気のない約束をするのではなく、叶える気のある約束をするのです。だからある程度相手も自分にとって重要な人との約束になると思います。

それでその約束をかなえるのが大切なんじゃないのかな?

と思います。
どんな些細なことでも、約束を果たした時点で相手が忘れている事かも知れない事だったとしても、自分の中でかなえる約束をして、その約束をかなえていく。そうする事で意外と自分のやりたい事が見えたり、それに向かって行けたりすると思うのです。

そこでポイントなのは。。

叶える気のない約束はしない事。

絶対にダメってわけでもないけど、相手が覚えているか忘れているかも分からなかったとしても。

約束をはたした割合(数)が多い方が相手も自分もハッピーなんじゃないのかなと。

果たすための約束(きっかけ)をすることで自分の行動にもなっていくし。あくまできっかけだけど、約束にすることで長続きするきっかけを作る事が出来る気がするわけです。


う~ん。
なんか最後無理やりまとめた感がありますけども。
まとまってすらいないかもね。。

テーマ:♪人生・生き方♪ - ジャンル:ライフ

| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

誰も答えは分からない

海外へ行き、その場を見て海外への国際協力について分からなくなりました。それもいろいろなものに対して考えはありますが、今回は観光地化について。

国際協力などで、発展途上国などに観光業を盛んにさせるような国際協力。

これって本当にやるべきなのか?

何故かというと。

例えばアジアの小国のとある村があったとする。そこに観光資源はあるけど、整備されていないので観光客はほとんど来ないような場所があるとします。

もちろん住民はとても貧乏なのでお金がほしい。そういうところの人に『観光地化したいか?』と聞けばお金も手に入るし、暮らしも楽になる。だから観光地化したいと言うでしょう。

ところが。

それは本当に幸せなのでしょうか?観光地化して観光客が大量に来るようになり、今までのんびりしていた暮らしが激変します。そして昔ながらののんびりした暮らしは消え去ります。

なので観光地化を進めるならばその事を理解させて、お金がなくても今の暮らしが良いか、生活を楽にするだけというものを目的にするのか。そう聞くべきだとも思います。

しかし実際はそうはなりません。そういう質問を現地の人にしても両方が良いと返ってくるわけです。

要は、両方を経験している人でないとどちらが良いか判断できないわけです。しかし、これから観光地化しようとする場所に両方を経験した人はまずいない。

そしてもう一つ。

観光地化したとして現地の人がみんな裕福になるのか?

ならないと思います。

何故か。いろんな国の観光地へ行きましたが、結局地元の人は安い賃金でガイドをしたり、物売りをしてぎりぎりの生活をしています。

観光地化してお金を手にしているのはたいてい国か、外の国から来た人たちが一番いいところを持って行ってしまうわけです。観光地化を選ぶならば地元の人たちが一番裕福にならないとなんか変な話な気がするのです。


どちらにせよ、観光地化するかしないか。どっちが正しい事なのか。どちらを選ぶべきなのか答えを知っているものはいないのです。


自分は観光地化させずにのんびりした暮らしを維持する方を進めます。観光地化したいという人には反感をかうでしょうが(苦笑)
昔ながらののんびりした空気。あれはお金に換える事の出来ない人の温かさを持っていると思うのです。

テーマ:モノの見方、考え方。 - ジャンル:心と身体

| trackback:0 | commnet:2 | BACK TO TOP |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。