本当に大切なのは何だろう

本当に大切なのは何なのか。ここに書いた事が絶対に正しいとは思わないけど、世界を旅して世界を見て思った事を自分の観点で書いています。そして多くの人で意見する事で何か新しいものが見えてくる気がする。

カレンダー

< 2017年04月 >
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

たびかめ関連リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BACK TO TOP |

相手の目を見て話すこと

今日はちょっと軽めに。ちょっと大切かもな面白い?お話。

相手と話をする時に大切なことのうちの一つに、相手の目を見て話すというのがあると思う。よくあるのが就職活動の時の面接では、面接官の目を見て話をするというやつ。じっと見るのが苦手ならば、相手の首元(ネクタイの結び目あたり)を見ると良いというような事を就活説明会などで聞いた人もいるんじゃないだろうか?

そこで。

目を見て話をするのにもいくつか。
まずは話をするときは相手の目を見て話をする。また、話を聞く時は話している人の目を見る。簡単そうでなかなか出来ていない人が多いのではなかろうか。言い訳だけど、重要な話をする時以外は自分もなかなかやっていない。でもちゃんとやっておくと良い事があります。

信頼関係が生まれます。

相手の目を見て話をする事。目をそらした場合、本能的に相手に対する自分の印象が悪くなる。そう思う。なので大事な話をする時とかにあまり目をそらしてばかりいるとよろしくないと思う。

逆に相手の目を見ていると嘘か本当か、本気か合わせているだけかなんとなくわかるようになる。

ちなみに、タイへ行った時にちょっとトラブルがあり日本大使館へ行きました。この時すごいと思った事が大使館の係の人。事情聴取をする時にこっちの目をずっと見据えてきた。嘘を言っていたら絶対に目を合わせてはいれない感じの威圧感。嘘は言っていないけど目を向けておくのがかなり大変だった。。

単純に相手の目を見るという行動でも使い方によってはかなり便利な手段にもなるんじゃないかなぁ~?

基本は動物的に考えれば良いと思うのだけど、、

海外でのお話。
ただの会話の時は話をしている人の目を見て話をするというのはひとまずおいておいて。何かを交渉する時とか、相手とトラブルを起こした時など。もちろんおかしな話を言っているのは向こうだという時です。発展途上国の国でよくある話です。行った事ある人はどういう時か想像がつくかもしれませんが(笑)

相手の目を見て話をし、向こうが先に目をそらしたらこちらの勝ち。

要は動物が威嚇する時と同じで、目を先にそらした方が襲われるというのです。向こうがおかしなことを言って来たり、料金を吹っかけてきた時はそうする事でたいてい向こうが負けます。
実はこれ日本でも同じ。営業する時とかにうまく使うと良い事あるかも!?でも喧嘩売ってると勘違いしそうな人には使わない方が良いでしょう。。

ま、どうする事も出来なくなると吹っ切れるという最終手段を使う人々もおりますが。。そんな人は相手にしない方がきっと良い。。

テーマ:今日のつぶやき - ジャンル:ブログ

| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。