本当に大切なのは何だろう

本当に大切なのは何なのか。ここに書いた事が絶対に正しいとは思わないけど、世界を旅して世界を見て思った事を自分の観点で書いています。そして多くの人で意見する事で何か新しいものが見えてくる気がする。

カレンダー

< 2017年10月 >
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

たびかめ関連リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BACK TO TOP |

良いチームを作るには

社会人をやって思ったことがありますが。

なんで上司(けっこう上の人)は新人と話をしないのだろう。

そこが大切なんじゃないのだろうか?
自分の考え方はこうです。

良いチーム(部署やら会社やらいろいろ当てはまる)を作るには。リーダーがスタッフ全員の事を見ていないでどうするか。もちろん部署の中のとあるグループまで小さくすれば上司は部下の事を見ています。

が。

会社で社内セミナーを受けなさいと新人社員に受けさせたり。何かモチベーション向上とか技術向上のため半強制的にそういったものを受けさせる意味がわからない。モチベーションがないのにやるわけがない。

というよりは。
モチベーションがない状態で受けさせたところで経費の無駄なだけではなかろうか?

それよりもっと効率的な新人のやる気をアップさせることは簡単だ。ここでいうやる気というのは、新社会人になってさぁがんばるぞー!!なんてどうでもいい。その気持ちも大切だけれど、社会を知らない新社会人のその意気込みは、プロの世界でいきなり通用するものではない。そのやる気をいい方向にもっていくのが上司の役目なんじゃないのかね?

そして上司が何をすればいいか。

会社の方針とかその部署の目標をわからせる訳なんですが、そんなもの直近の上司が話したところであまり意味がない。

だって会社の方針を決めてるのはもっと上でしょ?

直近の上司がしなければいけないのは新人の育成とサポート。そしてさらにその上の上司は一つ下の部下を見るだけでいいのではなく、新人も見るべきだと思う。

なぜか?

会社の方針を理解し、それに対して一番頑張っている人だから、その人が会社の方針を説明戦でどうするか。

で、一つ注意点。

そこで新人に難しい話をしたところで対して効果がないと思うので、まずコミュニケーションをとる。その時仕事の話なんてしていたら新人が面白がるわけはない。

何を話すか。

ただの雑談。

ただ単にコミュニケーションを取れば良いのだ。そうすることによって新人にも親近感を持ってもらうことができる。新人と重役級上司との隔たりがなくなり、重役上司が頑張っているのを見た新人は勝手にモチベーション持つだろうし、仕事の事だって聞いてくるんじゃないだろうか。それができてやっと社内セミナーとかを始めるべきなんじゃないのだろうか?

自分はそう思う。

もちろん新人を育てるのまでやっていては業務ができないので、教育は新人の直近の上司に任せればよい。しかしモチベーションを向上させるためにはもっと上の人が何かをやらなければいけないが、ただ社内セミナーとかをやっては意味がない。そんなものより先に信頼関係(コミュニケーション)を築くのが先なんじゃなかろうか。

そして、一番上の社長が何をするべきか。

全社員とコミュニケーションをとる。

それだけでいい気がする。

社長がやっている仕事は直下の人物に任せればいい。どうせ社長が指示を出すんだし、そんな地位の人ならそれなりの信頼ができている。だから社長は社員が何を求めているのか。社員が抱える問題を解決してあげるべきで、それができていれば会社なんて勝手に運営されるし、勝手にでかくなってゆくんじゃなかろうか。

何を素人がそんなことを!!

と思うかもしれませんが(笑)

だけれど。トヨタのように全社員を相手にすることが不可能に近い会社はどうするか。
少なくとも新人だけとはただの雑談コミュニケーションをするべきなんじゃないかと思う。

要は少し離れた上司と新人のコミュニケーションが大切であり、さらに仕事の話はしてはいけないということ。仕事の話をしたら余計に壁がでかくなる。まず先に壊す壁は。。

上司と新人の心の壁です。



関連記事
> 相手の事を知ること

テーマ:仕事論 - ジャンル:就職・お仕事

| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

相手の事を知ること

仕事において?たぶん何事においてもある程度は当てはまると思う。バイトで後輩に仕事を教える場合、会社で後輩に仕事を教える場合。何かの企画やイベントでチームをまとめるために。言われた仕事をやる後輩がいたらそれはもう楽でしょう。そんな後輩が普通に入ってくるはずがない。そういう後輩がほしければ、そういう後輩を育ててしまえばいい。

言葉を悪く言えば。。

馬鹿を天才に育てる

これやっている人は少ない。馬鹿を育てるくらいならそこそこできるやつを育てたほうがいい。普通はそう考える。でもさ。馬鹿をその動機の中で一番に育て上げるのってさ。

面白そうじゃない?

これってとてつもなく大変だと思うかもしれないんですが、自分はそうは思わない。まず本人のやる気は必要不可欠で、やる気ない人を育て上げることはまず無理だろうし、そんなのを天才に育てても楽しくもない。でも本当に人を育てることができる人はそれをやっていると思う。次に必要となってくることは何か。

信頼関係

これだと思います。信頼関係を気付くためには相手の事を知らないといけない。新人がいきなり上司の事を知ろうとなんて普通はしない。しないというより上下関係からして内気な人ならなおさらそんなことできないでしょう。

最近思うのは会社に入社しても出来ないからって辞めていく新人や、使えないからとクビにする会社。そんなんで良いの?社員として取ったならちゃんと育てろよ。そして社会人になったなら学生のように諦めんな。そう思うことってありませんか?そんなものは信頼関係をちゃんと作り上げていればなくなると思う。

そして信頼関係を作るためにどうするか。

相手の事を知る

これです。どういうことかというと、まず上司が後輩の事を知らないといけないと思う。その後輩の趣味やら学歴やら思っていること。それを単刀直入に聞いたところで余計に固まるだけだから自分はそうはしない。その後輩の同期や歳の近い社員とかを巻き込んで話をする。それでいきなり話を振る。みんなでワイワイ話をしながらただの雑談で。それでも話しづらそうな内気な後輩とかならまた別の方法を考える。これの繰り返し。

そしてもう一つ。
相手の事を観察する。監視しているように見てたらだめだけどね。その前にそこまで監視してたら自分の業務がまず進まんでしょうが。。
観察して普段のしぐさや癖などちょっとしたことでも知って相手の性格を考慮して育てないといい人材は育たない。それをやって後輩が信頼するのか?と思うかもしれません。

信頼します

ここに書いたこと以外にも、本当の事を話す。ごまかさないなどいろいろポイントはありますが、その辺はまた別の記事のネタに使います(笑)まじめに頑張って教えれば相手にもそれは伝わる。相手にやる気があればそんなものは勝手に伝わります。まず大切なのは、相手の事を知ろうとしないと何も始まりはしないと思います。

全然後輩が育たないなぁ~とか思っている人。
信頼関係を作ろうとしてますか?

テーマ:働くということ - ジャンル:就職・お仕事

| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

相手の目を見て話すこと

今日はちょっと軽めに。ちょっと大切かもな面白い?お話。

相手と話をする時に大切なことのうちの一つに、相手の目を見て話すというのがあると思う。よくあるのが就職活動の時の面接では、面接官の目を見て話をするというやつ。じっと見るのが苦手ならば、相手の首元(ネクタイの結び目あたり)を見ると良いというような事を就活説明会などで聞いた人もいるんじゃないだろうか?

そこで。

目を見て話をするのにもいくつか。
まずは話をするときは相手の目を見て話をする。また、話を聞く時は話している人の目を見る。簡単そうでなかなか出来ていない人が多いのではなかろうか。言い訳だけど、重要な話をする時以外は自分もなかなかやっていない。でもちゃんとやっておくと良い事があります。

信頼関係が生まれます。

相手の目を見て話をする事。目をそらした場合、本能的に相手に対する自分の印象が悪くなる。そう思う。なので大事な話をする時とかにあまり目をそらしてばかりいるとよろしくないと思う。

逆に相手の目を見ていると嘘か本当か、本気か合わせているだけかなんとなくわかるようになる。

ちなみに、タイへ行った時にちょっとトラブルがあり日本大使館へ行きました。この時すごいと思った事が大使館の係の人。事情聴取をする時にこっちの目をずっと見据えてきた。嘘を言っていたら絶対に目を合わせてはいれない感じの威圧感。嘘は言っていないけど目を向けておくのがかなり大変だった。。

単純に相手の目を見るという行動でも使い方によってはかなり便利な手段にもなるんじゃないかなぁ~?

基本は動物的に考えれば良いと思うのだけど、、

海外でのお話。
ただの会話の時は話をしている人の目を見て話をするというのはひとまずおいておいて。何かを交渉する時とか、相手とトラブルを起こした時など。もちろんおかしな話を言っているのは向こうだという時です。発展途上国の国でよくある話です。行った事ある人はどういう時か想像がつくかもしれませんが(笑)

相手の目を見て話をし、向こうが先に目をそらしたらこちらの勝ち。

要は動物が威嚇する時と同じで、目を先にそらした方が襲われるというのです。向こうがおかしなことを言って来たり、料金を吹っかけてきた時はそうする事でたいてい向こうが負けます。
実はこれ日本でも同じ。営業する時とかにうまく使うと良い事あるかも!?でも喧嘩売ってると勘違いしそうな人には使わない方が良いでしょう。。

ま、どうする事も出来なくなると吹っ切れるという最終手段を使う人々もおりますが。。そんな人は相手にしない方がきっと良い。。

テーマ:今日のつぶやき - ジャンル:ブログ

| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。