本当に大切なのは何だろう

本当に大切なのは何なのか。ここに書いた事が絶対に正しいとは思わないけど、世界を旅して世界を見て思った事を自分の観点で書いています。そして多くの人で意見する事で何か新しいものが見えてくる気がする。

カレンダー

< 2017年06月 >
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

たびかめ関連リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BACK TO TOP |

思った事を伝える

思ったことを伝え聞いていますか?

どちらかというとお仕事方面の話になってしまいますが。日常にも当てはまるとは思います。たぶん。。

自分は大学の時のバイトの時からそういう人に恵まれていたのかもしれない。何がというと、自分の思った事をちゃんと聞いてくれる先輩や上司に。

例えば。

仕事で思った事や自分の考えが、指示された事に反する場合。それを皆さん上司に伝えているだろうか?言われたからやっている。そういう事ってないでしょうか?もちろん言われた事を完ぺきにこなす事はすごいと思う。でもそれよりも凄いのは、言われたことに対しての意見をちゃんと聞く上司。

なぜそれが重要なのか。意見を言う側。聞く側。両方が信頼してやらないと反発ばかり起こってしまうかもしれませんが、要は意見の食い違いです。上司が言った事が正しいか。部下が言った事が正しいか。どっちが正しいかわからないのが正解ではないでしょうか?

もちろん社会経験や、その業界での経験値は普通は上司のが上です。しかし、部下の言った事も重要なわけです。いわば部下の意見はその業界からして全く違う第三者の意見になる事が多いわけです。経験値が浅いから思い浮かぶ疑問やアイディア。それらを上司に伝えないでそうする?

逆に部下の言う事を聞いていますか?上司。

若造が何を!!と思うかもしれませんが、若造なりに考えた結果なわけです。そして間違っていたとしても疑問に思った事を伝えたわけです。

お互いの意見をお互いに理解し、どちらが言っている事が正しいか。効率が良いかなどを話し合い、相手の間違いを指摘するという工程を踏んだ方がより良いものが作れたり、信頼が増すと思います。

自分の意見を言う事が出来る人物は成長するし、言われた事しかやらない人は成長しない。

人の意見を聴く事が出来る人は相手から信頼されるし、自分の意見を貫き通すことしかしない人は人を育てる事が出来ない。

もちろんすべてがすべてに当てはまるわけではありませんが。仕事の場合をイメージして書きましたが、普段の生活や人間関係にも応用ができるのではないかなと思います。

テーマ:大切なこと - ジャンル:ライフ

| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

コメント

コメントする


秘密にする
 

このエントリーのトラックバックURL

これがこのエントリーのトラックバックURLです。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このエントリーへのトラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。