本当に大切なのは何だろう

本当に大切なのは何なのか。ここに書いた事が絶対に正しいとは思わないけど、世界を旅して世界を見て思った事を自分の観点で書いています。そして多くの人で意見する事で何か新しいものが見えてくる気がする。

カレンダー

< 2017年08月 >
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

たびかめ関連リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BACK TO TOP |

3年ぶりにバラナシへ行って思った

人の事をあーだこうだ言う人は多い。
自分も言う。

が。

バラナシに来てる観光客のガラも悪い気がする。

人を被写体としか思ってない人がほとんどで、断りもせず至近距離から激写。
被写体となってる人も慣れてるのか全く気にしてないけど、、
嫌がっている人もいる。
そして撮った後は立ち去る・・・。

ほかの町では観光客とすれ違う時にハローとあいさつとか、目が合ったら向こうもハローと返したり、しぐさでのあいさつはたいてい返してくるけど、バラナシではほぼない。。

なぜか東洋人にはハローと言われたけど・・・。
バラナシで会った日本人には、、
あいさつされた事ないと言われたから、あれはなんだったんだ・・・。
同じ宿にでもいたのかな・・・。

その辺でインド人の愚痴を語り合うグループとか。

そらインド人もストレスたまるわって気がした。

その国のその場所の文化とかルールだけは守った方がいいんではなかろうか・・・。



ちなみに、ブッダガヤは。。

蚊が多い。
ハエも多い。

そんでもって日本語を話せるインド人にろくなのがいない・・・。
良い人もいるよ。
きっと。
と、ちょっと悪いように書いちゃってますが、、

現地の人もなんとなしに分かっているっぽく・・・。
チップと全く言ってこない人と一緒にいると、スレている人が相手の時は「ゴーゴー」と言ってくる。
相手と話しても、長いこと話さず移動するよみたいな意味で。

巡礼に来ている同じ宿のチベット人も、夜は危ないから絶対早く帰って来いとものすごい念を押してきた。。
そういう宿のオーナー?(家族のうちの一人だけだと思うけど)はたぶんハッパを吸っている。
夜、マーケットへ行く前と帰ってきた後の目つきが全然違うから。
会話しても簡単なことしか話せなくなってたしね、、

仏教の聖地だけあってものすごい観光客がいろんな国から来ている。
NGOとかもたぶんいる。
いろんなものをみんなあげてきたんだと思う。
だから近場の村に行ってみると、半分くらいの人はのんびりとした村なのに何かをねだってくる。。
正直それはなんか異様な気がする。

なんだか良い事をしたと思ってみんなやっている事が裏目に出ている。

もちろん、写真を撮ってと言われて撮ったら、ありがとうと言って去っていく人もいるけど。



観光客と地元民。
どっちが上かと言ったら、お金持っている観光客が上になってしまうけど、それは本当に正しいのか?
観光客は自分の希望を正としているが、それは本当に正しい?



バラナシとブッダガヤに久々行って出てきたこのモヤモヤ。
3年前には気づかなかったけど、世界を見てまた訪れてみてやっと気付いた。
ほかの国でも同じ事が言えるとこはたくさんあるけど、この2か所はなんか色濃く出てた。
スポンサーサイト

テーマ:ひとりごと - ジャンル:その他

| trackback:1 | commnet:6 | BACK TO TOP |

地震とか放射能とか

原子力を使うなら使えばいいと思う。
何が何でも使うなというのであれば電気(に限らず核の力)を使わず生活をすればいい。 原子力以外の発電施設を使えばいいといわれるかもしれないけど、そうした場合はまた別の問題が出る。

きっと。

原子力発電所のある地域に住んでいる人の立場。
一般市民側の立場。
政府側の立場。
その他の立場によって何がベストになるかは分かれることは仕方がないと思う。

そんなことでいざこざをしている場合ではなく、国民が日本という国をどうしていきたいかという事を考え、利益ではなく国民の事だけを考えることができる人をリーダー(政治家など)として日本という国や世界を作っていく必要があると思う。

人が人として生きてきた結果で起きた事だから、人が人として生きていく上でみんなで考えないといけないと思うわけです。ただそれらをまとめることができる人は今の日本にはいないと思う。

知らないだけかもしれないですけど。

テーマ:ひとりごと - ジャンル:その他

| trackback:1 | commnet:0 | BACK TO TOP |

踏み出す勇気

今自分に必要なもの。

踏み出す事の大切さ。

何かをやろう。
何かをやってみたい。

夢や目標に向かって何かをやろうとしているのに何もやらずに終わる。

それではもったいない。

今の自分がそうだ。

やろうとしている事はある。
それが大した事でなくともやりたい事をやればいい。
でも時間がない。

それは言い訳だ。

時間はあるがほかごとをやってしまって無駄にしている。

それを分かっていてなかなかそこから抜け出せていない。

まずは時間の有効活用をさらに向上させるのが肝心だが、そしてもう一つ。

踏み出す勇気

やってみないと始まらないのにやれていない。

何かをやるのにい何かを言い訳にしてやらないのでは意味がない。

失敗してもいいからまずはやる。

それが今の自分に足りないもの。

テーマ:夢に向かって生きる - ジャンル:ライフ

| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

目標を持つ事

生きる上での目標を持つ事。

なぁ~んてかたい事は書く気はありません。もっとゆるゆる?な気持ちで読んだ方が実行できるんじゃないのか?というような事を書いてみます(笑)

会社の上司が仕事つまらんな~。と言っておりました。たぶん多くの人が仕事つまらないと思っているのではなかろうか?つまらなくなくとも、毎日仕事をしていて楽しいのですか?

仕事の中で会社を良くしていこうとか、次の目標などを持って普段から仕事をしている人ももちろんいると思いますが、生活するために仕事をしないといけないとか、これが普通だからと思いながら生きている人。

楽しいか?

世界一周に出る前に普通に仕事していた時に思ったのは、年に数回社内教育なるものがあり、つまらない講義やセミナーを受けないといけない。会社で仕事をするうえでの目標作りとか、○ヶ年計画を立てるなど。。
別に仕事に興味を持ってなく仕事をしている自分にとってはそのセミナーをどういう風に乗り切るかというのが問題だった(苦笑)

だって、会社を良くするために会社に入った人はどれだけいる?

それで士気を高めるためにそんなセミナー受けてもね~。受けたい人が受ければよい。そんな事を言い出すとだれも受けなくなるという問題もあるのでしょうが。。

そんなことをつらつらと書いていても仕方がないので。。

そこで考え方を変える。

世界一周から帰ってきてひとまず仕事を始めました。SEの仕事は別に嫌じゃないけど、仕事する事を目標にはしていません。今の目標は。。

世界一周に撮った写真で個展をすること。

なので個展の費用をためるための一つのステップ。ゲームに例えると一つのステージなわけです。個展をやるためにはやらないといけない事なのです。たとえSE出なかったとしても費用や生活費を稼がないとできないわけですから。

そんな感じに、趣味がある人は趣味につぎ込むお金を決めて、それを達成するために仕事すればいいわけです。別に会社に貢献する必要はありません。会社の未来を考える必要もない。ただし、お金をもらうからには責任を持って仕事をすること。そうすれば会社に迷惑がかかる事もないし、気づかぬうちに業績も上がっていくのではないか?

別に趣味じゃなくても家族で旅行へ行くお金をためるとか、子供の約束守るために仕事をさっさと終わらせるとか。仕事を仕事と思うのではなく、目標のためにやらなければいけないひとつとすると仕事への考え方が変わってくるのではないでしょうか?

現に自分は最近仕事をするのが楽しいです。

早起きするのがつらいから通勤電車の中で寝るとか、昼休憩中も寝るとか。そういうものがなくなりました。移動中とか休憩中は別に自分の好きな事を妄想していればいいだけですから。よっぽど暇なら暇つぶしに仕事していたりします。目標のためにさっさと終わらせて早く帰るためにね。休憩時間外に勝手にやっているだけだからサービス残業かもしれないけど(笑)

もちろん業務時間外に作業した時は目ざとく残業をつけます。だって個展の費用は少しでも多く貯めたいですから(笑)


何かしら目標を作って、普段やっている事を目標達成のための通り道と置き換えてみてはいかがですか?

テーマ:モノの見方、考え方。 - ジャンル:心と身体

| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

仕事のありがたさ

気づけば前回の記事より時間が経っていた。。そんなわけで久々に書きます。もう少しペースを早くしないといけないのですがね(苦笑)

今回はちょっと番外編的な内容なのか?

仕事について。

自分は大学卒業後に普通に入社。そこで3年間働いて、仕事を辞めて世界一周へ行ったわけですが。帰国後。旅で資金もかなり使っているので後はお金がどんどんなくなってゆくのみ。。

お金がないと生活していけないこの世界は何なんだ!!

という突っ込みは今回なしにしまして(笑)

仕事をする事の大切さと、ありがたさに気付かせられた3年間だったかもしれない。

就職難だからひとまずどこでも良いから就職しよう。が、いざ就職したらやっぱり自分には合わないから辞めよう。ほんとはあの仕事がやりたかったんだ!!

というように退職してしまう人。

そんな感じの人が増えているような気がしなくもないが、それは逃げているだけではないか?自分の能力が活かせるジャンルとは正反対の仕事にひとまず就いちゃったという人でもなければ。いや、たぶん例えそうだったとしても、最近辛いから辞めようというようにやめるだけではたぶん会社変えても一緒だと思うんです。

この考えは前々からではあったものの、仕事をしない期間が長くなってきてお金もなくなってゆくと今度は仕事があるという事のありがたみを無性に感じるようになったわけです。

だから、もし仕事を辞めたいと思うのであれば、その後どうするか考えてからの方が良いとアドバイスでもしておきます。自分の場合はそれが世界一周をするということだったので、帰国するまではそんなにどうしようとは思わなかったけど。ただ嫌だからとか、職安へ行けばいいやという気持ちではやめない方が良いと思う。

いくらお金があってどのくらいなら収入がなくても暮らせるかとか。その辺の計画を立てるまでは仕事を辞めるのを我慢しておいた方が全然よいと思うわけですよ。

だた辞めたいから辞めてしまうと。

たぶんだけど。

お金が底を尽きた頃にやっぱり辞めるんじゃなかったと思ってしまうんじゃないだろか?

離職率が高くなっているのには会社側の問題もあるとは思うけど、働く側も問題がある。ただ嫌だからとか、やっぱりあの業界のが良いというような希望で仕事を辞める場合。

それはただの言い訳に過ぎない。

そう思うわけです。

そんなわけで明日から半年くらい働いてきます。明日契約書にハンコを押すまではドタキャンがないか心配しまくりですが、、

テーマ:働くということ - ジャンル:就職・お仕事

| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。